快楽崩壊でいきっぱなし!?乳首ドライ×アナガズムSM!



「ごめんなさい・・・我慢できなくて・・・。りりこ様がくる前に、一人でしてしまいました・・・。」


そんなに濡らしちゃって。


「お前はなんてふしだらなんだ。」


そっと乳首に、りりこ様の手が添えられる。


S__27746306.jpg


「あぁ・・・・・・」

優しく撫でられ、摘まれて、転がされて・・・。


憧れていた快楽で、全身が満たされ感じていく。


トロトロに溶かされながら、より深い場所へと連れて行かれるーー。


フワフワと空中に浮いているような浮遊感と、たまに襲ってくる切なさ。

離れていた日々の虚無とこの時間の尊さが交錯して、快楽とともにどんどん感情がこみ上げてくる。


こうして女王様にすがりながら、もう戻って来られない場所まで堕ちてしまいたい・・・・・・


ずっとそう願っていた。


こんなにも恥ずかしく、こんなにも淫らな自分を曝け出して、ひたすらに傍観される精神の安らぎ。

そして施される仕打ちは、泣き叫び、全身が反り返り跳ね上がるほどスリリングで、どこまでも問い詰められ許されないーーーーーーーー。


かき乱される下品な尻穴。


責めたてられ、たった一つの穴から自分の全てを支配されてしまう。


「イク・・・イク・・・イクイクイクイクイクーーーー


何度も何度も、


「もうダメ・・・限界・・・あぁーーーーーーーー!


そんな境地をブチ破られ、訪れる脳の快楽崩壊。

頭の中が真っ白で、ダメだとわかっているのに、快楽が理性を飲み込んでしまう。


「ほら、お口を開けなさいよ。」


S__27746308.jpg


カチカチに勃起したりりこ様のペニスを口に含み、舌で感触を確かめる。


「美味しい・・・・・・」


舐めているだけでトロトロになり、さらに欲情してしまう隠されたメスの本能。

徐々に奥まで突っ込まれ、喉元まで到達したペニスは、奥をサディスティックに突き上げてくるーーーー。


『苦しい・・・やめて・・・・あぁ・・・』


でも、そんな苦しさがたまらなくて、征服されていることに興奮してしまう自分がいる。

自然と出てしまう涙を垂れ流しながら、りりこ様が満足するまで押し込まれる。


「次はこれでお前の尻穴を犯してあげるよ」


シーツの乱れた真っ白なベッドの上で、欲望を抑えきれず自ら足を開きながら、貫通されることを待ってしまう。

もう恥じらいなんていう言葉は存在せず、ただ欲望のままに快楽を欲しがる犬や猫、もしくは豚か・・・・・・そんな獣のような"モノ"になってしまった。

快楽に従順で、それでいて傲慢ーー。


そんな獣の尻穴に、りりこ様の硬くて反り上がったペニスが押し込まれる。

ゆっくり・・・ねっとり・・・

擦り付けるように侵入してくるペニスが、粘膜とどんどん絡み合っていく。


「あぁ・・・あぁ・・・気持ちいい・・・・・・


自然と漏れてしまう歓喜の声。

そして、突き上げられ、出し入れされ、何度も何度もイってしまうーー。

絶頂はどんどん深まり、絡み合うたびに激しいオーガズムに達してしまう。

もう、自分では到底コントロールなんてできない。

限界を超えてもまた超えさせられ、ついにはイキっぱなしにーー。


「あぁーーーーーーーーーー!!!」


言葉も出ず、ただただ動物的な喘ぎ声を上げ続けることしかできない。

ビクビクビクーーーーーーーー。

この世のモノとは思えない快楽地獄に、どんどん引きずりこまれていく・・・・・・。


S__27746309.jpg


りりこ

スポンサーサイト
[PR]

名古屋SMクラブ アナルM専科MEGAMI りりこ(LIRICO)女王
Posted by 名古屋SMクラブ アナルM専科MEGAMI りりこ(LIRICO)女王
投稿 2020年06月14日
最終更新 2020年07月04日